TOP

Archive for 2012年2月|Monthly archive page

RIP SLYME「STAR」

In 音楽の話, 好きな音楽の話 on 2月 4, 2012 at 9:01 am

RIP SLYME「STAR」

RIP SLYMEの「STAR」。ちょうど一年前ぐらいに出た、RIP SLYMEの最新アルバム。
これを聴いていて、ふと「90年代前半っぽいな」って思ったんだ。
なぜそう思ったか考えていたんだけど、このアルバムの音って90年代前半には既に確立されているテクノロジーで作られているんじゃないだろうか。

90年代のテクノロジーで同じものが作れたかもしれないけど…

どういう事かというと、このアルバムに入っている曲はほとんどサンプリングとターンテーブルとリズムマシンとシンセサイザーと、といういわゆるトラックメイカーの基本的な手法で作られていて、それは90年代前半には既に確立されていた手法であるんではないかと。だから当時にこれと同じトラックを作る事は、技術的にはもしかして可能だったのかも知れない。だけど「STAR」は当時にはない、まぎれもなく2011年の音なのだ。そういうわけで20年前のやり方で今の音を作っているところがRIP SLYMEの、「STAR」の、カッコイイところなのだ。

5人だけで作ったっぽい。

アルバムでいうと「EPOCH」あたりからのRIP SLYMEは、他のグループとのコラボレーションや、ライブではバンドの生演奏をバックにするなど、外部のミュージシャンを積極的に取り入れる傾向にあった。それが間違っていなかった事はアルバムを聴けばわかるし、それが近年のRIP SLYMEのポップさを支えていたと言えるとも思う。
しかし雑誌のインタビューで 続きを読む »

広告