TOP

Archive for 2012年8月|Monthly archive page

「たま」と柳原幼一郎と柳原陽一郎の距離

In 「たま」の話, 音楽の話, 好きな音楽の話 on 8月 9, 2012 at 12:37 pm

今回のやなちゃんのライブはすごく良かったぞ

2012年8月5日、僕にとって2回目となる柳原陽一郎氏のライブに行ってきた。
その日は50歳の誕生日ということもあってか彼の今までの音楽活動を振り返るようなライブで、初めてライブハウスで演奏したという「牛小屋」から始まって「たま」時代の曲、そしてソロになってから現在に至るまでのターニングポイントとなったような曲を年代順に演奏していくというとても感慨深い内容だった。

僕は彼が居た「たま」というバンドのファンだ。そして彼が「たま」を脱退したこと、「たま」時代の「柳原幼一郎」とソロのミュージシャンとしての「柳原陽一郎」に結構ギャップがある事をちょっぴり残念に思った人間のひとりである。

だけど同時に、今の彼の歌を聴けば聴くほどそれは必然だったんだという気持ちが強くなるし、ソロのミュージシャンとしての「柳原陽一郎」の凄さを感じている。

というような話は前回ライブに行った時にもブログに書いたのだけれど、今回は2回目という事でさらに掘り下げた、妄想を含む考察。「たま」ファンであり現在の「柳原陽一郎」にも肯定的な立場から、どうして「柳原幼一郎」と「柳原陽一郎」の間にはギャップがあるのか?脱退は必然だったのか?という部分に関して、思った事を書いていきたい。
 

たま」らしさとは

今回のライブで「たま」時代の曲とソロの曲を連続して聴いて思ったのは、「たま」時代の彼の曲にある「たま」らしさとでも呼ぶべきものが、ソロになるとはっきりと消滅するということ。さらに言えば「たま」時代の曲でさえ、 続きを読む »

広告